知らないと損!世界一分かりやすいふるさと納税の仕組みをかんたん解説

ふるさと納税制度の基本
スポンサーリンク

ふるさと納税って何?気になるけれど難しそう。
そんなこと、考えていませんか?
ふるさと納税って実は、すごく簡単にできるお得な仕組みなんです。
自宅にいながらネット通販のように手軽にできます。

この記事を読むと

ふるさと納税の仕組み

が簡単に分かります。

・ふるさと納税してみたいけど、難しそう。

・ふるさと納税ってよく聞くけどどうやるの?

・本当にお得なの?

・誰が出来るの?

と言った悩みが解決されます。

ふるさと納税したい方には楽天ふるさと納税がおすすめ。

豊富な品ぞろえはもちろん、納税して更に楽天ポイントも貯まりますよ。

楽天ふるさと納税をチェックする

ふるさと納税制度、ぜひとも活用してくださいね。

ふるさと納税って何のために作られたの?

住民税などの税金は現在自分が住んでいるところに収めるものですが、自分の生まれ育った地域やお世話になった地域、また応援したい地域などに税制を通して貢献できるようにという思いから導入された制度です。

ふるさと納税には以下のように三つの大きな意義があります。

  • 第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。
    それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。
  • 第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。
    それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。
  • 第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。
    それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

引用:総務省・ふるさと納税ポータルサイト

税金の使い道を考えるきっかけとなる事

お世話なった地域や応援したい地域に貢献できること

ふるさと納税を通して地域の産業が活発になる事

こういった思いから導入されたものです。

 

M(えむ)
M(えむ)

ふるさと納税は寄付者も自治体もwin-winの制度なんだよね。

ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは、各自治体への「寄附」です。2,000円の自己負担をすることでふるさと納税した分のすべての金額が、住民税と所得税から控除されます。

また、寄附額に応じて「返礼品」が選べてもらえるうれしい制度なんです。

寄附なのに住民税が控除され、2,000円払えば返礼品が受け取れるんですよ。

返礼品は現在(2019年6月より)寄附額の3割以下の設定になっています。

M(えむ)
M(えむ)

単純に10,000円寄付すれば3,000円相当の返礼品がもらえます。お得でしかないですよね。

※ふるさと納税で控除される金額には所得によって上限がありますので注意しましょう。

ふるさと納税はこのような流れです。

寄付者がふるさと納税サイト等を通してふるさと納税を行います。

すると自治体に情報が入り、税金の手続き及び返礼品の発送を行ってくれます。

寄附したお金は選択した使い道によって適切にその地域で使用されます。

ふるさと納税の仕組み

誰がふるさと納税出来るの?

全ての人が申し込むことが出来ます。ただし、控除を受けるには住民税を収めている必要があるので、サラリーマンなどの勤めている人、自営業者など働いている人など住民税を収めている人が控除を受けられる対象です。

M(えむ)
M(えむ)

専業主婦の方は住民税がありません。旦那さんのふるさと納税を大いに活用してくださいね。

どれくらいの金額を寄附できるの?

寄附できる金額は、所得によって変わってきます。

このサイトのシミュレーションで簡易的にどのくらい寄附できるのか分かります。

簡単シミュレーションはこちらからどうぞ。

だいたい年収400万前後の世帯で専業主婦世帯では3万~4万円位の上限金額です。

詳細に算出するには年収の他

*社会保険料

*生命保険控除額

*扶養控除額

などを用いて算出することになります。

ふるさと納税のサイト、楽天ふるさと納税でも詳細のシミュレーションが出来るので、活用してくださいね。

いつ控除されるの?

ワンストップ特例制度の場合

12月31日までに申し込んだ寄附は翌年の6月~翌々年の5月の住民税から控除されます。

確定申告の場合

12月31日までに申し込んだ寄付の所得税は今年度の所得税から(確定申告で還付されます)、住民税は来年の6月~翌々年の5月の住民税から控除(毎月控除)されます。

M(えむ)
M(えむ)

年末は駆け込み納税で申し込みがすごく多くなるから、現場は大忙しになるんだよ~

手続き方法は?

手続き方法は2通りあります。サラリーマンなど、確定申告の必要のない人はワンストップ特例制度がおすすめです。自営業や医療費控除など確定申告が必要な人は確定申告をする事になります。

ワンストップ特例制度

1月1日から12月31日まで、1年間で5自治体までの寄附ならワンストップ特例制度が使えます。(1自治体で複数回寄付しても1自治体のカウントです)。

寄附後、ワンストップ特例制度の申請用紙に必要事項を記入後、必要な書類と共に寄附した自治体に郵送します。

ワンストップ特例制度の申請用紙は各自治体のホームページや、ふるさと納税ポータルサイトでもダウンロード出来ます。

ワンストップ特例制度を利用した人は住民税が控除対象になります。

ワンストップ特例制度について詳しく書いています。

確定申告

1月1日から12月31日までにふるさと納税した分を翌年の3月15日までに確定申告の際に寄附内容を申告します。

ワンストップ特例制度を利用すると控除は住民税からすべてされますが、確定申告で申請すると所得税はふるさと納税した分から還付され、住民税は翌年の6月~翌々5月分から控除されます。

またワンストップ特例制度の申請が1月10日までなので、間に合わなかったときの手続きの手段としても利用できます。

ふるさと納税におすすめなサイト

ふるさと納税の寄附の方法は主に

*直接自治体に申し込む(FAX,電話,郵送等)

*ふるさと納税ポータルサイトでインターネットで申し込む

がありますが、ふるさと納税ポータルサイトでインターネットで

申し込むのがおすすめです。

簡単に手軽にネット通販のように寄附できるからです。

ふるさと納税するなら、おすすめなサイトは楽天ふるさと納税。

ネット通販するように簡単に返礼品を選んで寄付出来ます。

楽天ふるさと納税をチェックする

M(えむ)
M(えむ)

楽天カードで楽天ふるさと納税すると更にポイント貯まります!楽天ユーザーなら楽天ふるさと納税がベスト。

楽天カードをお持ちでなければ、この機会に楽天カードのお申込みもどうぞ!

新規カードお申込み&利用で5000ポイントプレゼント!なんです。

ふるさと納税の負担分2,000円の倍以上が返ってくるので非常にお得ですよ~

↓楽天カードのお申込みはこちらから↓

 

もちろん楽天カードをお持ちでなくても楽天ふるさと納税で寄付出来ますし、ポイントも貯まりますし、通常の楽天でのお買い物と同じでキャンペーン時にはポイントアップもあります。

楽天市場でふるさと納税はお得がいっぱい!楽天ポイントを解説しています。

ふるさと納税は簡単にできます。ぜひ寄附を!

ふるさと納税制度をわかりやすく簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

ふるさと納税は簡単にふるさと納税サイトから申し込みが出来ます。

5自治体までの寄附ならワンストップ特例制度がおすすめです。寄附後に申請書類を寄附先の自治体に送付するだけで簡単に控除の手続きが可能です。

サラリーマンなど、確定申告の必要のない方なら簡単にできるのでぜひご活用くださいね。

また、確定申告の場合は3月15日までにふるさと納税分も申告をすれば、所得税はふるさと納税した年から還付されます(住民税はワンストップ特例制度と同じく翌年の6月から翌々年の5月分から控除)

自己負担2,000円で返礼品がもらえ税金が控除されるふるさと納税、本当にお得です。

お家時間の増えた今、自宅で美味しいものを食べるのにもふるさと納税制度、ぜひ活用してくださいね。

楽天ふるさと納税をチェックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました